上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とても良い栗が手に入ったので
今年も渋皮煮を作りました。


約8キロの栗の皮をむき
あく抜きと渋皮の処理をして
5日間かけて甘味を栗に染み込ませ
仕上げにラム酒を入れ約1週間かけ丁寧に仕上げました。


巨峰ジャム

ラム酒の効いた渋皮煮は立派な高級洋菓子に
時間をかけた分確実に美味しくなります。


今回初めて巨峰のコンフィチュール
にも挑戦してみました。


右上写真だと解りにくいかもしれませんが
とっても綺麗な紫色に仕上がりました。


あまり煮詰めないで軽い口当たりに
品の良い味が新鮮!
これでまた我が家の旬の味が一つ増えました♪


そして今日は贅沢に秋味デザートと
カフェオレでティータイム。


秋味のお菓子

渋皮煮をたっぷりと入れた
パウンドケーキ。


栗の渋皮煮。

それから先日譲って戴いた地粉「さとのそら」を使って
メープルシュガーとバナナのスコーンを焼きました。


旬の食材で作った旬のモノを旬に食べられる幸せ
そんなことを感じられるようになった今日この頃
シュンシュン言ってますが大人になりましたね~。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。